応援メッセージ

患者さんやご家族の心の励みに

私は、数年前に米国臨床腫瘍学会に参加した際に患者さんやご家族が作成された絵画や写真が学会場の廊下に展示されているのを見ました。

それもやはりリリー社が主催したものでしたが、その時にも患者さんやご家族の方のがんとの闘いに対する真摯な気持ちが伝わってきて感銘を受けた事を今も 覚えております。

この度、同様の企画をリリー社主催で日本でも実施されることは、患者さんやご家族の方々にとっても大きな励みとなるでしょう。